どの幻想も第1の幻想の変形だ
夫々の幻想は、一つ前の幻想の欠陥を繕うために生まれた

 神   幻想を検討していけば、幻想がそれぞれ『一つ前の幻想を基に成立している』ことが理解できる。

     実は、どの幻想も「第1の幻想の変形」に過ぎないし、ゆがみは後の幻想になるほど、
     どんどん増幅している。

     それぞれの幻想は、一つ前の幻想の欠陥を繕うために生まれた。

     最後には欠陥を繕うのにウンザリして、もう理解できないと諦めた。

     だから、『無知が存在する』という幻想が最後なのだ。

     この幻想により、「仕方がないさ」と肩をすくめていればよくなった。

     だが、あなた方は無知が恵みではない場所にまで、進化して到達した。

     あなた方は今、真実を見抜こうとしている。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る