「失敗」という、第2の幻想

 神   「神は何かを必要としており、神の意志はいずれ実現する」という考えは、
     『神は全能である』という知識と矛盾したが、あなた方はその考えにこだわった。

     この考えは、「神も失敗するのかもしれない」という幻想につながった。

     この幻想は相当に無理があったが、人間の豊かな想像力は不可能を可能にしてしまった。

     あなた方は、第1の幻想と同様に、神の資質を自分の経験を基にして推定した。

     「自分達は幸せになるために必要なものを、すべて得ることはできないのだから、神だって
      同じだろう」と思ったのだ。

     こうして、『失敗が存在する』という幻想が生まれた。

     そしてこの幻想から、「人生の結果は疑わしい」という『文化的な物語』を創り上げた。

     ここにおいて、あなた方は最初の『不安』にぶつかった。

     これまでは、あなた方に不安は無かった。
     神は全能であり、この世界はなるべき様になっていた。

     この幻想にも、相当に無理があった。

     神と人間が一体ならば、どうして人生の結果は疑わしいはずがあろう?

     明らかに、この幻想には欠陥があった。
     だから、間違いだと分かるはずだった。

     しかし、あなた方の祖先はどこか深いレベルで、「この幻想を捨てると、大切な事が失われる」
     と感じていた。

     その感じ方は正しかった。
     幻想は、創造の道具として使えば、偉大な創造につながるからだ。

     だが彼らは、過ちを犯した。

     幻想を幻想と見抜いて、創造の道具として活用するのではなく、「幻想の欠陥を繕わなければ
     ならない」と考えたのだ。

     こうして、第2の幻想の欠陥を繕うために、『分裂』という第3の幻想が生まれた。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る