「分裂」という、第3の幻想①

 神   「神と人間が一体ならば、どうして人生に失敗があるのだろう?」と、あなた方は疑問を持った。

     この「失敗という幻想から生まれる謎」から逃れる唯一の方法は、『第3の幻想』を創り出す
     ことだった。

     「神と人間は一体ではない」という幻想だ。

     これが、『分裂』という幻想である。

     あなた方は、「人間と神が離ればなれなら、人間は神の望まない事をするかもしれない。
     もしそうなら、神の意志がくじかれる事(神が失敗する事)もあり得る。」と考えた。

     最初の三つの幻想(必要性・失敗・分裂)が、一番重要だ。

     この三つが、残りの幻想を支えている。

     だから、この三つの幻想を説明しようとして、様々な『文化的な物語』が創られた。

     最も有名な文化的な物語は、アダムとイヴの物語だろう。
     こうした物語から、『神と悪魔の争い』が創られた。

     このような文化的な物語は全て、「神は結局は全能ではない、あるいは力があっても使おう
     としない」と言う。

     さらに、「神の好まない事をすれば、悪魔に引き渡されて地獄に送られる」と言う。

     こうした物語は、繰り返し繰り返し語られて、新しい世代に引き継がれていった。
     そして、歴史に深く刻みこまれた。

     「分裂が存在する」という考え方は、あらゆる幻想の中でも人間に最も影響を及ぼした。

     現在の地球上では、ほとんどの人が『分裂の幻想』を真実だと思い込んでいる。

     お互いに離ればなれだと感じている。

     神から離れていると信じているから、神との触れ合いが困難になり、神を恐れたり神を否定
     したりする。

     そして、「人生はコントロール出来ない」と信じて、そんな生き方に身をゆだねる。

     さらには、「人生に耐え忍んでいれば、死後に天国に行き報われる」と考える。

     お互いが離ればなれだと思っているから、自分にはとてもできない事を他人にする。

     「他人にする事は、自分にしている事だ」というのが分からないから、好ましくない結果を
     起こし続けている。

     だが最近は、暴力的な行動をする人は、ずっと少なくなった。これは進化の印だ。

     しかし、あなた方の社会は「行動を変える」よりも、「行動を罰する」ほうへ向かっている。

     罰すれば矯正できる、と考えている。

     冷静に分析すれば、『社会の在り方を変えなければ、何も矯正できない』と分かるはずだ。

     それなのに、そういう証拠を無視して、殺人によって殺人を、怒りによって怒りを終わらせ
     ようとしている。

     最初の三つの幻想を、幻想だと見抜ければ、『すべては一つであること』を否定しなくなり、
     あらゆる生命を破壊しようとしなくなるだろう。

     多くの人達は、自分と世界との繋がりが見えていない。

     そのために、大気を汚染しても、「全体には何の影響もない」と思っている。

     さらに、煙草を吸い、肉食をし、アルコールを摂取しても、「全体には何の影響もない」と
     思っている。

     彼らは「一人ひとりの行動が、全体に影響を及ぼすはずがない」と言う。

     ところが、「ばらばらな自分勝手な行動」が、地球全体に悪影響を及ぼしている。
     あなた方はだんだんと、そこに気付くようになった。

     あなた方は、「なぜ、ばらばらだと上手くいかないのだろう?」という疑問を抱き始めている。

     明らかに、この幻想には欠陥があった。
     だから、間違いだと分かるはずだった。

     しかし、あなた方の祖先はどこか深いレベルで、「この幻想を捨てると、大切な事が失われる」
     と感じていた。

     その感じ方は正しかった。
     幻想は、創造の道具として使えば、偉大な創造につながるからだ。

     だが彼らは、過ちを犯した。

     幻想を幻想と見抜いて、創造の道具として活用するのではなく、「幻想の欠陥を繕わなければ
     ならない」と考えたのだ。

     こうして、第3の幻想の欠陥を繕うために、『不足』という第4の幻想が生まれた。

(『神とひとつになること』から抜粋)


神とひとつになること 目次に戻る