セックスは、大いなる愛の表現である

 神   セックスは、肉体的な経験では最も面白い遊びだ。

     だが、自己満足や支配のために使ってはいけない。

     喜びを分け合う目的以外には、使ってはいけない。

     愛のないセックスを経験したいか? したいなら、そうしなさい!

     もう嫌だと思うまで、実行すればいい。

     どんな行動でも止めるのは、「新しい自分、今までと違う自分になりたい」と思った時である。

     本質的にセックスは喜びだ。 そして、聖なるものでもある。

     だが、あなた方の多くは、そうは思っていない。

     あなた方はセックスを抑圧している。セックスを恥じ、邪悪なものだと言う。

     セックスに対する態度は、人生に対する態度の小宇宙である。

     セックスを支えるエネルギー(一つになりたいという激しい欲求)は、生命の本質的な
     ダイナミズムだ。

     私は、生命にそれを組み込んだ。

     あなた方は、セックスの周りに築いた倫理やタブーや習慣のせいで、自分の在り方を
     祝福できなくなっている。

     時の始めから、人は「愛し愛されたい」と望んできた。

     セックスは、大いなる愛の表現である。

     だから、あなた方はセックスを愛すべきだ!

     私はあなた方に、恥ずべき事は何も与えていない。身体の機能を、恥ずかしがることはない。

     テレビ番組は、裸の暴力を見せる事は何とも思わないのに、裸の愛を見せる事は恐れている。

     これは、あなた方の社会を反映している。

(『神との対話1』から)


神との対話  性・セックスの目次に戻る