全面的な愛③
全面的な愛とは、自分にも他人にも自由を与える事だ

 神   自由は、神や人の魂の本質である。

     自由度が減少するにつれて、全面的な愛の可能性も低下していく。

     『全面的な愛』とは、自分にも他人にも全面的な自由を与える事だ。

ニール  すると、誰でも好きな事をしていいのですか?

 神   そうだ。 それが、神の愛し方だ。

     全面的に愛するとは、全面的な自由を与える事だ。

ニール  自分の子供に対しても、全面的な自由を与えるのですか?

 神   子供を一番早く成熟に導く方法は、自分で選択する自由を与える事だ。
     愛は手放す。

     あなた方はよく、愛と必要性を混同する。

     必要性は、愛の対極だ。

     愛は手放すが、必要だという思いはしがみ付く。

ニール  すると、全面的に愛するなら、手放せと?

 神   そうだ。 規則や規制は、愛ではない。

     だが、選択は制約ではない事を忘れないように。

     子供たちが良い選択をできるように、持っている情報のすべてを与えてやりなさい。

     「良い選択」とは、子供たちが最も望んでいる結果に繋がる選択のことだ。

     あなたの知っている事を、分かち合いなさい。

     だが、自分の考えや選択を、相手に押し付けてはいけない。

     人が自分と違う選択をしたからといって、愛を出し惜しみしてはいけない。

     それどころか、人が貧しい選択をした時こそ、愛を示してやりなさい。

     それが優しさであり、これより高い表現はない。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る