四つ目の神の姿勢 祝福する 
祝福するとは、最善のエネルギーを与えることだ

ニール  デボラ・フォードは『光を求める者の暗い側面』という本で、受容がどうして祝福なのかを、
     分かり易く説明しています。

 神   すべてを受け入れれば、すべてを祝福する事になる。
     神の五つの姿勢は、五つ全てが本質は同じだ。

     すべてを祝福する者は、何事も非難しない。

     神の世界には非難はなく、称賛があるだけだ。
     そこでは、真の自分を知って経験することが、称賛される。

ニール  祝福とは、何なのですか?

 神   祝福とは、『あなたの最善のエネルギー・最高の考え』を与えることだ。

ニール  悪人を祝福することは、出来ませんよ。

 神   だが、悪を変えようと思ったら、最善のエネルギー・最高の考えが必要なのだよ。

     相手を非難すると、行いを反復させる事になる。

ニール  では、「何事も非難するな」とおっしゃるのですか?

 神   そうだ。

     私が送ったマスター達は、「批判するな、非難するな」と言わなかったかな?

ニール  しかし、非難をしなければ、すべてを肯定しているみたいじゃないですか。

 神   非難をしない事は、肯定をする事にはならない。
     変革の可能性は、怒りが少ないほど高まるのだよ。

     敵を祝福し、彼らに最善のエネルギー・最高の考えを送りなさい。

     すべての人、すべての出来事を贈り物だと思えなければ、敵を祝福する事はできない。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る