霊性と宗教は違う  霊的であるとは、生命を肯定することだ

ニール  あなたは、「新しい福音を広めて、世界を変えなさい」と言います。

     しかし、「霊性と政治を一緒にすべきではない」と言う人もいます。

 神   霊性の政治化を避ける事は出来ない。

     政治的見解とは、霊性の表現だ。

ニール  しかし、宗教と政治が結婚をすると、問題が起こります。

 神   そうだね。

     だが、宗教と霊性は別のものだよ。
     宗教に参加しているのは一部の人だが、霊性にはすべての人が参加している。

ニール  そうなのですか?

 神   「霊性」とは、生命のことだ。

     霊性は、「全ての生命は繋がっている、関連し合っている」と語る。

     これには誰も、異論を唱えられない。

     唯一の論点は、「生命と神は同じものか」という事だ。

     いいかね、二つは同じものだ。 あなた方は、かたちをとった神だ。

ニール  すると、どうなるのですか?

 神   霊性が生命を意味するなら、「霊的である」とは『生命を肯定すること』だ。

     従って、政治に霊性を注入するというのは、すべての政治的決定が生命の肯定になるように
     する事だ。

     あなた方が政治で試みてきたのは、生命の肯定だ。
     政治の目的は、「生命が調和的に平和に生きられるシステム」を創ることだ。

ニール  そういう風に政治を考えた事は、無かったな。

 神   アメリカの独立宣言は、「万人は平等に創られ、生命と自由と幸福を追求する権利を持っている」
     と謳っている。

     アメリカ政府は、この権利を保証するシステムを築くために創られた。

     どこの政府でも同じだ。文化や社会の違いが、表現の違いとして現れるが、欲求は同じだ。

     政府や政治は、生命を保証するために創られたのだよ。

ニール  しかし、大抵の人は、神が政治を語るのを嫌がります。
     私がどうやって平和を実現するかを語り始めると、人々は怒り始めるんです。

 神   そうだね。
     人々は、あなたが平和のために祈る事は認めても、行動する事は望まない。

     人々は神に解決策を求めるが、「神の解決策とは、あなた方が新しい行動をする事だ」という
     可能性は排除する。

ニール  人々は、神に何かをせよと言われるのは、嫌なのですよ。

 神   私は命令した事などない。
     あなた方が行きたい方向を聞いて、そこへ行く方法を示唆しているだけだ。

     あなた方は、「平和で喜び溢れる人生を送りたい」と言う。

     だから私は、「喜びと自由は同じだ。自由を損なうと、喜びを損なう。喜びを損なえば、
     調和を損なう。調和を損なえば、平和を損なう。」と言うのだ。

     あなた方は、「争いの無い世界で暮らしたい」と言う。

     だから私は、「そういう世界を創るには、新しい福音を伝えることだ。その福音とは、
     『私たちはすべて一体だ』と『私たちの道が優れているのではなく、これも一つの道に過ぎない』
     だ。」と言うのだ。

     あなた方の歴史は、失敗の繰り返しだ。
     狂気とは、何度も何度も同じ行動を繰り返しながら、別の結果を期待する事だよ。

     政治に霊性を求める人は、「他の方法があるよ」と言っているのだ。
     その努力は、祝福される事であって、批判されるべきではない。

ニール  ですが、『神との対話②』で社会問題を取り上げたら、政治的すぎると非難されました。

     マリアン・ウィリアムソンは『アメリカを癒す』というすばらしい本を書きましたが、
     政治的すぎると叩かれました。

 神   イエスも、「政治的すぎる」と言われたのだよ。

     イエスを非難した者達は、「霊性についてだけ教えていれば、安全だった。だが、霊的真実を
     現実にどう応用するかを語り始めた。彼は危険になった。」と言った。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る