一つ目の生き方 目覚めていること

 神   目覚めているとは、生き方を選べる状態のことだ。

     何がどうなっているのか、なぜなのかを、きちんと見定めている事だ。

     目覚めて生きるとは、知らないふりをしない事だ。

     目覚めには、沢山の段階がある。

     目覚めるとは、自分の目覚めている段階に気づいている事であり、目覚めることができない
     段階などない事に気づいていることだ。

     目覚めて生きれば、無意識にする事は何もなくなる。

     目覚めているとは、その瞬間を充分に経験することだ。

     それは瞑想であり、目覚めればすべてが瞑想になる。

     「今、私は何を経験しているのか?」 「どんな風に経験しているのか?」 「どうして、
      こんな風に経験しているのか?」 「これを経験している私は、どんな存在なのか?」

     目覚めると、あなたは自分自身を見つめる。

     進化すれば、自分を見つめる自分を、見つめるようになる。

     最後には、あなたは『全的な観察者』になる。
     それが、『完全な目覚め』だ。

     完全に目覚めると、いよいよ肝心な事に取り組むことになる。
     あなたは、あなた自身に取り組むことになる。

ニール  こういう事は、初めて聞きます。

 神   いや、そんな事はない。
     ブッダも、クリシュナも、イエスも教えている。

     新しいことは何もない。魂が驚くような事は何もない。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る