三つ目の生き方 責任を負うこと

 神   正直になり、自分が生み出す結果を認められるようになったら、次はその結果の責任を
     負いなさい。

     『責任を負うこと』、それが第三の生き方だ。

     社会が「責任」と「懲罰」を同等に扱っている限り、責任を負うのは嫌だと思うかもしれない。

     だが、責任とは罰を受けることではない。

     『責任を負う』とは、「生み出す結果を最善のものにするためなら何でもするし、
     他者が結果によって害を受けたら、救済できるなら何でもしよう」という意志を持つ事だ。

ニール  人によっては、「人は、自分の結果の責任を負うべきだ。あなたに起こる事には、私は責任が
     ない。たとえ、私が原因だとしても。」という道を選択しています。

 神   いいかな。 あなた方は皆、お互いに責任がある。

     あなた方は皆、兄弟なのだ。

     それが理解できれば、すべての悲惨さや苦痛は消えるだろう。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る