神との友情を活用すれば、あなたは自分自身に戻れる

 神   神と友情を結べば、すべての疑問は消える。

     あなたは、『自分はすべてをすでに持っている』と分かるからだ。

     そうなれば、「すでに持っているものをどう呼び出すか」だと分かり、問題や困難は
     ただの経験になる。

     外から見れば変わっていなくても、あなたは自分の変化に気付くだろう。
     そして、あなたの変化が外の世界にも影響を及ぼし始める。

     他人はあなたの変化に気付き、どうして変化したのか知りたがるだろう。

ニール  他人が知りたがったら、何と言えばいいのですか?

 神   真実を話しなさい。

     「外の世界では何も変わっていないが、自分の経験が変わったのだ」と言いなさい。

ニール  それは、どういう事ですか?

 神   あなたが真の自分(自分の中の神性)を全面的に思い出した時、あなたの経験は変わる。

     私は、あなたが思い出すのを助けるために、ここに居る。
     あなたは、他者が思い出すのを助けるために、ここに居る。

     思い出すとは、もう一度「神の一員」になる事だ。

     『存在するすべて(神の総体)』と一体となれば、あなたは栄光に包まれる。
     そして救い手となり、他の人達を忘却から救う。

     あなたは人生の終わりまで、「すべてはバラバラだ」という幻想と取り組み、同じ様に
     取り組んだ者の仲間に加わる。
     あなた方は、そういう仲間を待っていたのだ。

     神と友情を結べば、あなた方はお互いの真の姿を見い出し、一人ぼっちではなくなる。

     神との友情を活用すれば、あなたは自分自身に戻れる。

     他の人達にもそうしてやり、人々を自分自身に連れ戻してやりなさい。

     これが、あなたの仕事、あなたの目的だ。

     他の人達は、あなたとの友情を通じて、神と友情を結んでいる事を知るだろう。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る