七つのステップを実践すれば、神と共に居る事を疑わなくなる

 神   あなたは一人ぼっちではない。私が常に一緒に居る。

     『存在するすべて・神』と一体であるのが、魂の本質だ。

     「孤独はあり得ない」と、理解する事が大切だ。

ニール  でも、孤独を感じている人は、そうは思いませんよ。

 神   「孤独という幻想」を創造する事はできる。

     だが、それを経験したからといって、それは真実ではない。

ニール  神が一緒に居ることに気付いていなかったら、神が一緒に居ないのと同じではありませんか?

 神   そうだね。 だから、神が一緒に居ると、知る事が大切なのだ。

     本当は、あなた方は知っている。忘れているだけだ。

ニール  私たちはどうして、「知らないふり」をするのでしょうか?

 神   あなた方は、芝居が大好きだからだよ。

     幻想の世界の王様・女王様になっているのだ。

ニール  どうして、芝居をしたがるのですか?

 神   自分のあらゆるヴァージョンを演じて、どの存在になるのかを選べるからだ!

ニール  もっと楽な方法はないのですか?

 神   もちろんある。

     マスターは、「人生はすべて幻想だ」という事を思い出して、人に教える。

     マスターは、『人生の目的が分かれば、幻想の中でも外でも、自由に生きられること』を
     思い出して、人に教える。

     人は、幻想の外に出て、究極の現実を経験することもできるのだ。

ニール  究極の現実を経験するには、どうすればいいのですか?

 神   静かにして、神が常に共に居る事を知ればいい。

     静かにすれば、あなたの中の創造者(神・魂)に出会うことが出来る。

     神と友情を結ぶ七つのステップを実践すれば、神が共に居る事を決して疑わない。

     毎日1回、神と繋がることを習慣にしなさい。
     その方法の一つは、「第三のステップ・神を愛すること」で教えたね。

     神と繋がれば、大きな喜びを感じる。

     その喜びが、私であり、真のあなただ。 それは生命エネルギーであり、超絶意識だ。

ニール  私とあなたは「一つ」だから、あなたに喜ばせてもらう時、私はあなたを喜ばせている
     のですね。

 神   その通りだ。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る