神を愛すること③
自分の内側に入る方法

ニール  どうすれば、自分の内側に入っていけますか?

 神   静かにしていることだ。

     静けさの中で、ただ自分と共に居ることを、いつも心掛けなさい。

     ほんの一瞬でも、すべての考え・行為を止め、ただ存在しなさい。

     そうすれば、すべてが変わる。

ニール  瞑想の事ですね?

 神   レッテルや方法論にとらわれない事だ。

     方法はたくさんある。

     瞑想以外にも、自然の中を歩く事や、掃除をする事も、内側に入る方法になり得る。

ニール  内側に幸せを見い出して、外側に何も必要がないと理解したら、反社会的になりませんか?

 神   それどころか、今までにないほど社会的になる。

     「何かを失うかもしれない」という考えほど、愛し合うことを妨げるモノはない。

ニール  あなたは『神との対話』で、セックスも瞑想になり得る、とおっしゃいました。

     しかしセックスは、「他者と共に居ること」ですよ。

 神   そう思うなら、あなたは真の愛を知らないのだ。

     真の愛の中では、部屋に居るのはあなた一人だ。他者と一体になるからだ。

     それこそがセックスの目的であり、愛のかたちなのだ。

(『神との友情・上巻』から抜粋)


神との友情 上巻の目次に戻る