1999年の日米の新ガイドライン
アメリカの戦争を日本が後方支援する規定があり、悪協定である

(なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋)

1999年の『日米の新ガイドライン』は、「アメリカが戦争をする時には、日本は後方支援をする」と規定しました。

もし後方支援をすれば、国際法では自衛隊は戦闘員になります。

このガイドラインにより、自衛隊はしっかりとアメリカ軍の司令下に置かれるでしょう。

アメリカは頻繁に戦争をしてきた国であり、このガイドラインで自衛隊が戦死する可能性は高まります。

新ガイドラインと周辺事態法によって、自衛隊の状況は根本的に変わりました。

アメリカの後方支援をするのは、国際法では戦闘行為です。

これは、憲法違反です。

(2014年6月11日に作成)


日本の問題の勉強 軍事 目次に戻る