自分に自信を持てない事も、貧困問題である

(貧困襲来 湯浅誠著から抜粋)

私が支援をした福田さんは、5~9月の間に3回の就職をし、3回とも数日で辞めました。

30歳前の若者が、仕事を数日で辞め生活保護を受ける。

これを、「甘ったれてんじゃねー!」と本人のせいにして片付けるのは簡単です。

一喝して福田さんの態度がコロッと変わるなら、私もそうします。

そもそも仕事では、最初は誰でも上手くいきません。

しかし多くの人は、「大丈夫、いずれ出来るようになる」と感じ、「同僚ともうまく付き合えるようになるさ」と思います。

この「できるさ」に根拠はなく、本人の自信の問題です。

どうして自信を持てるかといえば、過去に成功体験や応援された経験があるからです。

逆に言うと、自信を持つ経験をしてこれなかった人は、「できると思えない」と感じても不思議ではありません。

私は、福田さん達を見ていて、甘えの問題だとは思えないのです。

これは、『貧困問題』なのです。

自信が小さくなってしまう事も、貧困です。

彼らの問題をとりあえず「意欲の貧困」と呼びますが、この問題を解決しなければならない当事者は、本人たちよりも社会全体です。

「本人が悪い」との自己責任論で処理し続ける事は、正しいのでしょうか?

上手くいっている人は、「自分の努力の結果だ、自分は1人で生きてきた」と思いがちです。

でも本当は違います。

(2014.7.23.)


日本の問題の勉強 貧困 目次に戻る