アジアは成長が著しく、これから日本のお得意様になる

(日本の課題40から抜粋)

中国の人口は13億人、インドの人口は12億人など、アジアだけで世界人口の5割を占めます。

ユーロモニター・インターナショナルの調査によると、可処分所得(手取り収入)が年間に1.5万ドル以上の人は、2009年時点で中国は1.2億人、インドには3400万人です。

これが20年度には、中国は6億人、インドでは3.4億人になるといいます。

ASEAN全体でも、4億人になるといいます。

アジアはこれから、世界の工場→莫大な消費市場になるのです。

日本国内では望めないチャンスが、そこにはあります。

(2013年8月9日に作成)


日本の問題の勉強 経済・輸出入 目次に戻る