金利について 国債について

(毎日新聞2013年5月24日から抜粋)

『長期金利』とは、返済までの期間が1年以上の借金に付く金利のことです。

代表的な長期金利は、期間が10年の国債(国の借金)に付く金利です。

銀行などは、この10年ものの国債に付く金利を目安にして、住宅ローンなどの金利を決めます。

長期金利には、「国が借金をちゃんと返せるか」という、国の信用度や経済力が反映されます。

一方、返済までの期間が1年未満の借金に付く金利は、『短期金利』といいます。

短期金利は、銀行などが短期のお金の貸し借りをする際に、基準となります。

国債は、金融機関などの投資家が売買して、売り注文が多いと値段は下がり、買い注文が多いと値段は上がり利回りは下がります。

投資家たちは、株価が上がりそうになると、国債を売って株を買います。

反対に、株価が下がりそうになると、株を売って国債を買います。

また、国の信用度が落ちると、国債は売られて金利は上がります。

黒田総裁の率いる日銀は、2013年4月に「長期国債をこれまでの2倍買って、金利を下げること」を決めました。

長期金利を下げることで、銀行の金利を下げて、お金を借りやすくしたのです。

しかし、日銀が買う国債の量は、新規国債の7割にもなり、国債の信用度が落ちてしまいました。

そのため、5月23日には株価が1000円を超える下落をしたのに、金利は急上昇しました。

(2013年8月22日に作成)


日本の問題の勉強 経済・輸出入 目次に戻る