米の自給率は100%
だがWTOのルールにより海外米を輸入している

(日本の課題40から抜粋)

日本の小麦の自給率は、わずか11%です。
それも、うどんなどに向く品種です。

その一方で、米は100%の自給が出来ています。

日本は、不必要な海外産の米を、毎年大量に輸入しています。

その理由は、WTOには関税で国内産を守る場合、代償として一定量を輸入する(ミニマム・アクセス)というルールがあるからです。

日本に『ミニマム・アクセス米』が入ってきたのは、1995年からです。

2000年からは、毎年76.7万トン(国内消費量の8%)を輸入しています。

MA米の08年末までの総輸入量は、902万トンです。

そのうち、主食用で売却されたのは94万トン、みそなどの加工品になったのは337万トン、海外への援助用は232万トン、飼料用は139万トン、在庫は97万トンです。

政府は、もっぱら加工用として売却しているのですが、売れ残った分や海外援助分は財政負担となります。

これまでの財政負担の総額は、1300億円超です。

(2013年8月8日に作成)


日本の問題の勉強 農業 目次に戻る