農産物の輸出は少ない
放射能汚染で、輸出は厳しい状況にある

(日本の課題40から抜粋)

日本の農業は、わずかながら輸出も行っています。

輸出総額に占める農林水産物の割合は、0.7%です。

輸出額が大きいのは「りんご」で、64億円です。

83%が台湾向けで、贈答用として珍重されています。

最近では、いちごの輸出が拡大しており、「あまおう」が人気です。

野菜では、長芋がダントツの1位で、輸出額は20億円です。

70%が台湾向けで、台湾産よりも粘りがあり大きいのが魅力だといいます。

日本は、労働力が高く土地が狭いので、価格競争では勝てません。

安全性や品質の良さで、評価を得てきました。

しかし、原発事故による放射能汚染で、厳しい状況に置かれています。

(2013年8月8日に作成)


日本の問題の勉強 農業 目次に戻る