南京大虐殺
実際にあったのは間違いない 死者数については様々な説がある

(アジア三国志 ビル・エモット著から抜粋)

『南京大虐殺の博物館』は、日中の緊張の歴史を物語っています。

日本は中国に侵攻し、蛮行を犯しました。

だから謝らなければならないし、ODAという形で巨額の補償を行っています。

日本政府は、日中の国交回復後に、首相や天皇などが17回以上も公に謝罪してきました。

対中国のODAは、有償無償を含めて3.6兆円に上っています。

また、中国は国交正常化の直後に、公式の補償請求を取り下げました。

南京大虐殺は、1937年12月13日に日本軍が南京を陥落させた時から起きました。

南京大虐殺については、極東国際軍事裁判(東京裁判)でも取り上げられ、多数の証言・証拠が提出されました。

しかし証拠には疑問もあり、裁判で判事の1人だったインド人のラダビノード・パールは、
「裁判は不法である」とする反対意見を述べました。

パール判事の意見書によれば、この事件の起訴事実は次のものでした。

「南京市内に入った日本軍の兵士は、表に居る市民を無差別に射殺した。

 日本軍は市を制圧すると、強姦・殺人・拷問・略奪を始めて、それが6週間も続いた。

 最初の数日間で2万人以上が殺害され、6週間のうちに市内と周辺部で26~30万人が
 殺された。

 この数字が正確であるのは、15.5万人以上の遺体を埋葬したとする慈善団体の紅卍会と
 崇善堂の記録が示している。

 この6週間に、日本兵によって中国人女性2万人が強姦された。 」

パール判事は、「この数字をそのまま認めるには無理がある」と述べました。

しかし、次のようにも述べています。

「南京における日本兵の行為は残虐であり、惨烈な蛮行が3週間におよび、6週間の残虐行為が続けられた事は否めない。」

パール判事の言葉を引用したのは、東京裁判を否定する一部の日本人にとって、彼が英雄だからです。

靖国神社の遊就館前には、「パール博士の顕彰碑」がある。

しかしながら、パール判事は南京の残虐行為を疑っていたわけではなかった。

南京大虐殺には、南京に居た外国人の証言も豊富にあります。

こうした人々は、証人として信用できます。

パールは、『日本の政治指導者と、虐殺に関わった現地指導者たちの、どちらが犯罪責任を負うべきか』について、疑問を呈したのです。

虐殺された人数については、異論が多い。

慈善団体(紅卍会と崇善堂)は、埋葬した遺体の数を報告したが、この2団体に15.5万人もの遺体を埋葬する能力があったとは思えません。

中国の歴史家たちも、中国政府は30万人としているが、オフレコではその数字に首をかしげています。

死者が5万人にせよ30万人にせよ、南京でおぞましい事件があった事は間違いありません。

盧溝橋にある『抗日戦争の記念館』では、日本を加害者として死んだ中国人の死傷者数を
3500万人としています。

当時の中国の人口は4.5億人だったので、およそ8%にあたります。

民衆殺戮の統計を専門にするR.J.ランメル教授は、日本のせいで死んだ中国人を600万人としています。

3500万人という数字は、1995年に江沢民が述べて、中国の公式の推定数になった。

東京裁判では、死者は190万人、負傷者は130万人で、合計320万人の死傷者数でした。

それが1985年には、合計2170万人まで膨れ上がります。

ランメル教授は、1928~49年に国民党軍のために死んだ中国人を、1000万人と推定しています。

これには、餓死した人も含まれている。

こうした分も、日本が殺した数に入っている可能性があります。

(2014年5月27日に作成)


日本の問題の勉強 歴史問題 目次に戻る