官僚の実態(元官僚の話)

(TV番組・ヨソで言わんとい亭から抜粋)

  ここで紹介するのは、「TV番組・ヨソで言わんとい亭」で、テーマが『元キャリア官僚大集合』
  だった日の抜粋です。

  官僚の実態が分かる、興味深い内容なので、取り上げることにしました。

  番組に参加されている元キャリア官僚の方は、石川和男(元経産省)、岸博幸(元経産省)、
  福井秀夫(元国交省)、寺脇研(元文科省)の4人です。

  ○  退職金について

寺脇   天下りせずに『自力で何とかやっていく』と言って辞めると、退職金が多く出ます。
     勧奨退職になるので。

    (天下りとは、『定年前に退職する官僚のために、次の就職先のお世話をしてあげること』です)

 岸   寺脇さんみたいに30年働いて辞めるのは、ずるいんですよ。退職金がいっぱい貰えますから。

     俺は20年で辞めたから、すごい安かったもん。

     20年と30年は全然違います。

寺脇   辞める時の給料が基準になりますから。

 岸   退職金の額は、50代前半の年収が1300~1400万円で、局長くらいまで行ってれば、
     6000万円くらい出ます。

  ○  天下りの実態

寺脇   天下りシステムは、昭和40年くらいに完成しました。

福井   基本構造は、明治時代からです。

寺脇   田中角栄・内閣の頃には、完成していたと聞いています。

 岸   終身雇用制度も、実は高度成長期にできた仕組みなんです。

寺脇   終身雇用だと、60歳まで雇わないといけない。

     ところが、役所の中はピラミッド構造なので、次官になれるのは1人だし、局長にも何人か
     です。

     出世できなかった人を60歳まで雇用するために、天下りシステムが確立された。

福井   民間企業だと、『同期の中で誰かが出世したら、他は辞める』なんて慣行は無いですよ。

     官庁はそれをするから、天下りが行われるんです。

  官僚組織では、出世できなかった官僚に辞めてもらって、若い官僚にポストが回るようにする
  慣習がある。

  そして、『定年まで面倒をみる』という名目で、天下り先が斡旋される。

 岸   最近は変わってきましたけど、企業側も役所と良い関係になりたくて、天下れるポストを
     用意してきました。

     天下ってきたOBが頑張ってくれれば、政府予算を取ってきたり、役所に便宜を図ってくれます。

     はっきり言えば、『口利き』をしてくれるのです。

福井   天下りは、最終到達ポストに応じて、松竹梅とランクがあります。

     出世した人ほど、良い再就職先が斡旋されます。

寺脇   企業側は、能力に期待してではなく、保険として元官僚を受け入れます。

     だから元官僚には、『朝から夕方まで新聞を読んでる』なんて人も居ます。

福井   仕事はしてもらう必要はありません、って言われる方も居ます。

寺脇   天下りした人は、仕事は少ないから残業は無いです。

福井   新聞と週刊誌が全部、頭に入っている人も居ます。

寺脇   それで年収は1000万円以上です。

寺脇   天下りは、何回も行く人がいます。

     80歳くらいまで、天下りで転々としてる人も居ます。

質問者  企業を辞める際には、退職金が発生しますよね?

     5回も6回も、退職金をもらうパターンはありますか?

 岸   イエス。 トータルでは1億円以上になります。

寺脇   それが、『渡り』といって問題になっている事です。

     国会で追及されたのは、それです。

 岸   民間企業では、60歳を超えた人を、再雇用という形で雇っています。

     でも再雇用では、給料は半分くらいに下がります。

     『何で官僚の天下りの場合は、給料が増えるんだ!』と、普通の人々は思うわけです。

寺脇   現役時代よりも天下り先で良い待遇を受けたいと思うのが、そもそも間違っています。

質問者  官僚はプライドが高すぎるから、普通の待遇で雇われるのは無理なんじゃないですか?

寺脇   役所言葉で、『部屋・車・女』というのがあるんです。

     偉くなると、個室、専用の黒塗りの車、女性の秘書、が付いてきます。

     辞めてから3つ共に無くなるのが、堪えられないらしいです。

  ○  官僚の接待事情

福井   我々の現役時代は、接待に関して大らかでした。

     財務省は『THE官庁』ですから、他の官庁が財務省の予算担当を接待するのは、
     ごく当たり前でした。

    (こうして官僚が官僚を接待する事を、『官官接待』と云います)

 岸   僕も昔は、大蔵省(現在の財務省)の人を頻繁に接待していました。

     あの頃は、そのための予算がありましたからね。

     今はもう厳しくなりましたが、私は週3回で料亭に行ってました。

     僕の上司の課長は、1年中ゴルフを週末に業界の人としていました。

     昔の接待は、風俗など何でもアリでした。

寺脇   今は、風俗系の接待なんてあり得ないです。

     昭和の時代にはありました。

質問者  接待の時には、お土産もあるんですか?

 岸   お菓子の包みを渡されて、中に車代が入っていた事はありました。

寺脇   地方自治体の役人と話す時には、国から補助金が出ているので、どうしても官僚が上位に
     なります。

     でも、お酒の席では上下が無くなるので、本音を聞ける事があります。

石川   接待の場じゃないと本音で語れない部分もあります。

 岸   人によっては、『裸にならないと本音を言えない』って奴も居ましたからね。

  ○  知られざる官僚の待遇

質問者  タクシーは、乗り放題なのですか?

石川   枠があって、タクシー・チケットという物があるんです。

福井   省庁によって全然違うんです。 同じ省でも部署で違う。

 岸   恵まれた部署では、無制限に乗れます。

福井   予算の中枢に近いほど、恵まれているんです。

     会計課とか局の総務課は、恵まれています。

     残業させられて、自腹でタクシーで帰った事も、何回もあります。

質問者  残業代が出るのですか?

福井   残業には、大体は頭打ちがあります。

     私の経験では、会計部局を除いては20時間で頭打ちでした。

石川   ××党の大物議員の場合、言う事を聞いて(時間外の)働きをすると、お金をくれるからね。

     そういう時は、全てピン札なの。

  ○  国会答弁の裏側

  国会答弁では、野党からの質問は『事前に官僚に通達されて』います。

  そして官僚は、回答用の原稿を作成し、それを総理や閣僚は読み上げている。

福井   国会の質疑は、最後(結論)は決まっているんですよ。

     質疑に入る時には、結果はすでに決まっています。

     だから、質疑応答じたいが、出来レースなんです。

石川   想定していない質問をされて、ごく稀にですが政府側が負ける事もあります。

     でも通常の場合、官僚が事前に質問を取りに行って、不利な質問は全部その時に消しちゃうん
     です。

     『先生、その質問はこうです』と、役人がその場で答えちゃう。

     私は、これをよくやりました。

福井   本番で言われたくない事は、あらかじめ納得してもらうように心掛けます。

石川   それが、事務方の手腕になっているんです。

質問者  政治家に渡す原稿は、『漢字にルビが振ってある』と聞きますが?

福井   ルビを振れと言われた事があります。

     『円滑な事業の進捗状況』と書いたら、「エンコツなジギョウのシンショウジョウキョウ」と
     政治家が読んじゃいまして。

     後から局長に思いきり叱られました。

     『小学生でも分かるように、漢字には全てルビを振れ』と。

 岸   漢字の読めない大臣は、いっぱい居ます。

寺脇   総理大臣だって、漢字の読めない人も居るから。

石川   役所用語は、難しい漢字が多いんですよ。

     自由闊達とか侃々諤々とか。

質問者  そういう難しい言葉じゃないといけないのですか? 噛み砕いて書いたらダメなのですか?

 岸   前例に倣って無難な答弁にするのが、メインになってますから。

     結局は、単語は難しいけど、文章自体は大した事は言ってないんです。

福井   揚げ足をとられない事が、非常に重要なんです。

 岸   国会答弁には、決まり文句がいっぱいあります。

     僕も愛用していた決まり文句は、『いずれにしても』です。

     国会答弁の一番の原則は、『野党の質問に正面から答えないこと』なんです。

     すれ違い答弁とよく言われますが、揚げ足をとられないように、言質をとられないように、
     答弁をしていきます。

     相手の質問に答えにくい場合、話を変えるために、「いずれにしても、鋭意前向きにがんばって
     まいる所存です」と言うわけです。

  ○  官僚の素顔

質問者  農水省の元官僚の人が、「経産省の人はチャラい(軽薄だ)」と言っていましたよ。

 岸   それは否定しません。

石川   私みたいに生真面目な人もいますよ。

質問者  合コンなんて、するのですか?

 岸   よくやりました。

     官僚って、合コン相手としては良くないんです。話がつまらないですから。

福井   「自分は何法の何条の条文を作ってる」とか、延々と女の子の前で喋っちゃうんです。

     延々と喋り続ける人が、官僚には多いです。

 岸   役所の人間って、自慢したがるんです。

     役人同士で昼飯を食ったって、自分の仕事を自慢してますから。

福井   官僚は、同じ課のアルバイトの女性と結婚する人が多いですよ。

 岸   手が足りないと言って、非常勤のアルバイトを雇います。

     官僚は男ばかりですから、若くてかわいい子をアルバイトに選ぶんです。

福井   面接は、庶務係長などがします。 採用は縁故関係が多いです。

 岸   自分のセクションごとに募集して採用できますから。

福井   アルバイトには公務員試験が必要ないから、どんな人でも採用できます。

(2014年11月24日に作成)


日本の問題の勉強 政治 目次に戻る