作家・早乙女勝元さんの話
ジャーナリスト・木村元彦さんの話

(毎日新聞2014年6月29日から抜粋)

○ 作家・早乙女勝元さんの話

集団的自衛権は、「戦闘権」というべきものです。

今の安倍内閣のやり方は、過去の日本がたどった道です。

戦前の日本では、「聖戦を行う神国・日本」「神風が吹いて日本は必ず勝つ」と教えられていました。

しかし、日本の町は焦土と化し、民間人が犠牲になりました。

私の母は、「いつの間にか戦争が始まって、いつの間にか火の粉が降ってくるようになった」と言っていました。

何も知らされないまま国民は戦争に動員された、と思った。

戦争が恐ろしいのは、その本質が隠蔽される事です。

安倍首相がパネルで説明する集団的自衛権の類型は、きれいな面ばかりを見せています。

もし集団的自衛権の行使を認めたら、自衛隊に死者が出るかもしれないし、日本の基地が狙われる可能性も出てきます。

○ ジャーナリスト・木村元彦さんの話

私は25年前から、東欧の民族問題を取材してきました。

旧ユーゴスラビアの民族紛争では、1999年にNATO軍はアメリカ主導でコソボを空爆しました。

この空爆の狙いは、「コソボにあるアメリカ軍基地の確保」で、正当性はなかった。

日本が集団的自衛権の行使を認めれば、アメリカの大義なき戦争にも巻き込まれます。

民族紛争では、民族の数だけ主張があり、見る角度を変えれば正義も変わります。

私が取材をした時は、日本のジャーナリストだと名乗れば、どの民族も温かく迎えてくれました。

「日本は戦争をしない国だ」と、彼らはよく知っていた。

安倍内閣は、海外の人たちの「日本は戦争をしない」という信頼を(日本の宝物を)、
棄てようとしています。

武力を使う範囲は、戦場では限定できません。 このままでは、なし崩しになるでしょう。

閣議決定だけで憲法を変えることも、問題です。

政権の判断で憲法を変えれば、司法が根底から揺らぎます。

(2014年6月29日に作成)


軍事② 集団的な自衛権 目次に戻る