TPPの論点 医療の分野

(毎日新聞2012.12.2.から抜粋)

TPPでは、「国民皆保険の制度が崩壊する」との声が根強くあります。

こうした懸念があるのは、アメリカが日本に、「混合診療の解禁」を求めてきたからです。

混合診療が解禁されれば、所得による医療格差の拡大や、医療費の高額化につながります。

アメリカ政府は、TPPでは混合診療を求めないようです。

(2013.8.17.)


日本の問題の勉強 TPP 目次に戻る