TPPの論点  投資 ISDS条項

(毎日新聞2012.12.2.から抜粋)

TPPは、企業や投資家を保護するルールについては、ISDS条項を盛り込む方向です。

『ISDS条項(投資家と国家の紛争解決の条項)』とは、投資した者(企業)が、投資先の国から不利な扱いを受けた場合には、国際仲裁機関に提訴できる、というものです。

投資先の国が外資企業を、突然に国有化するようなことを防ぐ狙いです。

ISDS条項は、提訴の対象をどこまで広げるかが焦点になります。

(2013.8.17.作成)


日本の問題の勉強 TPP 目次に戻る