TPPの論点  藤井聡さんの話
非関税障壁も取り除く狙いがある

(毎日新聞2012年12月2日から抜粋)

TPPは、関税だけではなく、非関税障壁も取り除く狙いがあります。

非関税障壁をグローバル・スタンダード(アメリカの基準)に合せようというのが、
TPPの基本的な考え方です。

日本は、多くの変更を迫られる事になります。

企業は各国の規制に沿ってビジネスをしているが、TPPで規制が無くなれば、米国の企業が日本にどんどん入ってきます。

そうなれば、日本の中小企業は潰れてしまいます。

農業分野の打撃も大きく、デフレが深刻化するでしょう。

日本人の幸福につながるとは思えません。

(2013.8.17.)


日本の問題の勉強 TPP 目次に戻る