用語解説

〇 GHQ関係

GHQ  連合国軍総司令部の略。
     連合国軍となっているが、実際には米軍である。

GHQの参謀部  第1部(G1)から第4部(G4)まで分かれている。

     主な機能は、G1は企画・人事・庶務。G2は諜報・保安・検閲。
     G3は作戦・引き揚げ・命令実施。G4は予算・調達・武装解除。

G2   GHQ参謀部の第2部。
     下部にCICを抱え、占領中に数々の秘密作戦や謀略を行った。

CIC  GHQの防諜部隊。
     日本の特高警察などを吸収し、諜報活動や謀略を行った。

CIS  G2の民間情報局のこと。

GS   民政局の略。GHQ幕僚部に属する。
     日本の民主化政策を担当し、公職追放も主導。

CTS  民間鉄道管理局のこと。GHQの1部局。

ESS  経済科学局のこと。GHQの1部局。

CIE  民間情報教育局のこと。GHQの1部局。ラジオ放送などを担当。

NRS  天然資源局のこと。農業担当で農地解放を行った。

JSOB  合同特殊工作委員会の略。GHQの中に設置され、CIAの代表者も
      参加した。日本における秘密工作の中心となった。

CIA  中央情報局の略で、アメリカ政府につくられた諜報・謀略機関。
     1947年に日本に支局を設置し、以後は日本でも活動。

DRS  記録調査局のこと。CIAが日本に来た時に郵船ビルの4階に設置され、
     G2・CICから有能な部分を引き抜いたという。

LS  リーガル・セクションと呼ばれた法律局のこと。GHQの1部局。

PHW  GHQの公衆衛生課のこと。
     この課は旧日本軍の細菌兵器技術を入手するため、731部隊や
     神奈川県稲田登戸にあった第9技術研究所のメンバーを雇用したという。

〇 GHQの人物

ダグラス・マッカーサー元帥  GHQのトップ。

チャールズ・ウィロビー少将  G2のトップ。

コートニー・ホイットニー少将  GSのトップ。

チャールズ・ケーディス  GSの次長で、民主化政策を主導した。

ウィリアム・マーカット准将  ESSのトップ。

ガルシェン大佐  CICの東京地区のトップ。

(2019年6月17日に作成開始)


日本史 敗戦・GHQの占領下~形だけの独立まで 目次に戻る