東日本大震災から3年が経った いま思うこと
(2014.3.11.)

本日は、東日本大震災から、ちょうど3年です。

現在でも避難されている方がたくさんいる事は、残念でなりません。

普通だったら、すべての方が元の土地に戻られる事を願うのですが、原発事故後の放射能汚染があります。

私には、福島原発の近くに住んでいた方々に「早く戻れるといいですね」とか「一刻も早い復興を」とかの、単純な応援は出来ません。

私がもし福島県人で避難している立場だったら、違う土地で一から生活を始めると思います。

原発の近くの市町村では、原発事故前と同じような活気を求める方もいるようですが、私には無理だと思えます。

違う土地で新しい生活を始める人と、元の土地に戻って何とか復興させようとしている人を見ると、「色んな生き様があるな」と神妙な気持ちになります。

こうした究極の選択を迫るのは、それ自体が酷です。

『こんな状況を生み出した原発は、無くすしかない』と思います。

福島県の復興が思い通りに行かない最大の理由は、『原発事故後の汚染』です。

「放射能を恐れて戻らない人」や、「除染のために時間やお金を使わなくてはいけないこと」「汚染された土地や建物」は、原発事故さえなければ起きなかった事です。

こんな惨状を見ているのに、「原発推進派」がいる事には、驚きでいっぱいです。

「色んな生き様があるな」と、ここでも思いますね。

いろいろと勉強する中で、『原発と核兵器が密接な関係にあること』を知りました。

そうして、「核兵器を廃絶するには、原発を無くす事が大切だ」と分かりました。

私は、脱原発派として、これからも活動していきます。

それが、私の求める平和な世界につながる事だし、東日本大震災からの教訓でもあります。


日記 2014年1~3月 目次に戻る