アメリカ史
第一次世界大戦〜1920年代

        第一次世界大戦と、参戦によって大きく変わるアメリカ

    パリ講和会議と国際連盟の創設  アメリカは国際連盟に加盟しなかった

          パリ講和会議 (1919年)

          国際連盟の創設

     第一次大戦でヨーロッパが没落し、アメリカが超大国に成長する

         第一次世界大戦で、アメリカは大儲けする

    1920年代の外交は、経済中心主義を貫き、非軍事的な手段を行う

ワシントン会議(1921年11月〜22年2月) 世界的な軍縮と中国の門戸開放を実現させる

       大戦後の社会混乱・FBIの前身が誕生する

    大統領選では、20年はハーディング、24年はクーリッジが当選する

       第二次のKKKの活動が最盛期をむかえる

       年間の移民数の上限を定めた法律を、初めて作る

       高関税政策をとる  国内では減税政策をとる

       好況となり繁栄を謳歌する  都市の郊外が発達する

       破天荒な消費大国になる  工業が大規模化する

       ラジオ・映画・ジャズ・スポーツが娯楽として定着する

       ラジオが各家庭に導入され、社会に変化を起こす


アメリカ史 トップページに戻る