アメリカ史
1900年 〜 第一次大戦まで

        財閥による支配

        新移民の大到来

        都市の成長・開発

        労働の変化・機械化と能率化

        労働についての色々

        社会党の誕生

        南部の状況と、全国黒人向上協会(NAACP)の設立

        西部の農民たちと、農産物価格の上昇による黄金時代

        価値観と教育の変化

        市政改革と州政改革

        暴露ジャーナリズムの登場

      全国消費者連盟の設立、フェミニスト運動(女性の参政権)

        禁酒法の成立

   セオドア・ローズヴェルト大統領(1901〜08年)  トラストバスター

      タフト大統領(1909〜12年)  所得税を成立させる

     1912年の大統領選挙  共和党の分裂による民主党の大勝利

  ウッドロウ・ウィルソン大統領(1913〜16年)  累進所得税、連邦準備法

  FRBの設立  FRBは公的機関ではない、FRBはドル発行を管理している

       パナマを独立させて、パナマ運河を建設し支配する

       セオドア・ローズヴェルトの外交

       タフトの外交とウィルソンの外交


アメリカ史 トップページに戻る