1962年にはシリア・イラクと統合国家を創ろうとするが、
実現せずに終わる

(中東戦争全史 山崎雅弘著から抜粋)

アラブ連合(UAS)の解体は、ナセル大統領の威信を著しく失墜させました。

エジプトは、1971年8月までUASの名称を国名に掲げ続けますが、ナセルの名声は低下の一途でした。

1961年12月には、イエメンもUASからの脱退を発表します。

翌62年9月26日に、イエメンで反王政のクーデターが発生し、内戦に突入しました。

イエメンの革命政権から支援要請をうけたナセルは、内戦への介入を決めます。

しかし国王派はサウジアラビアから武器援助をうけて、頑強な抵抗を続けます。

介入を続けるうちに、エジプト経済は疲弊していきました。

一方、中東でのバース党の勢力は、ますます拡大していきます。

62年2月8日には、イラクでバース党のクーデターが成功し、3月8日にはシリアでも
バース党の単独政権が樹立します。

両国のバース党政権は、ナセルに「統合国家を創ろう」と提案します。

同年4月17日に、エジプト・シリア・イラクの3国の代表が話し合いを行いました。

しかし3ヶ月後に、反ナセル派のバース党員であるアミン・ハフェズが、シリアで政権を奪取します。

そして、親エジプト派は粛清されてしまいました。

こうして3国の統合は物別れに終わりました。

これ以降は、アラブ諸国の統合は実現していません。

こうしたアラブ諸国の混乱の時期に、イスラエルは軍備を増強していきました。

イスラエルは、イギリスとフランスから戦車を買い、これは第3次中東戦争で使われます。

(2014年5月18日に作成)


エジプト史 目次に戻る