韓国史
日本支配からの解放後

        日本の支配からの解放 アメリカとソ連の介入

        朝鮮半島の分断の真相

        海外にいた運動家が帰国する(李承晩らの帰国)

    アメリカ軍は38度線以南に軍政を布く 抵抗した民衆は武力で鎮圧される

    米ソは朝鮮問題の解決に失敗し、朝鮮半島は韓国と北朝鮮に分断される

         朝鮮戦争(1950年6月〜53年7月)@

         朝鮮戦争(1950年6月〜53年7月)A

   朝鮮戦争B マッカーサーが原爆を落とす事を提案し、トルーマンは解任する

   李承晩政権は権力保持のために、自由党を結成し、恐怖政治を行い、改憲をする

  反李承晩の勢力は弾圧を受ける アメリカと手を結んだ企業が、独占的な大企業になる

       4月革命が起き、李政権は倒される 民主党政権が誕生する

朴正煕が軍事クーデターを起こして政権を掌握する  米日との協力を強化し、日韓基本条約を締結する

       ベトナム戦争に参戦し、見返りとして援助を受ける

 朴政権は経済開発に注力し、目覚しい発展をとげる  その一方で様々な問題も生んだ

       南北の共同声明(1972年7月4日)

     朴は権力維持のために勝手に改憲をするが、最後には暗殺される

      朴の暗殺後は全斗煥が権力を握る 光州民主化運動が起きる

   全斗煥は、宥和政策に転じる  盧泰愚は民主化宣言をして、大統領になる

      第二次大戦後の、社会と文化の変遷

      第二次大戦後の、南北統一への流れの概略

   近年の産業・経済の状況  市場の自由化が進み、外国資本の流入が進んでいる

      南北の初の首相会談(1990年9月)

      南北の初の首脳会談(2000年6月)


韓国史 トップページへ戻る