保守党は1885年に、保守的な憲法を制定する

(ラテン・アメリカ史、コロンビアを知るための60章から抜粋)

1880年には、ラファエル・ヌニェスが大統領になります。

彼は、保守派を集めて、84年に「ナショナリスタ党(保守党)」を結成します。

1884年に大統領に再選した、保守党のラファエル・ヌニェスは、行き過ぎた連邦主義・自由主義を是正するために、保守的な政策を行います。

85年には国民会議を召集して、国名を『コロンビア共和国』に改めて、新憲法を制定します。

この新憲法(86年に公布)では、中央集権化されて州は廃止となり、大統領の権限が強化され、カトリックが国教となりました。

この憲法制定は、保守派の勝利を意味しており、この憲法は1936年まで続いていきます。

87年には「宗教協約」を結び、カトリック教会の力が保証されました。

(2013.11.26.作成)


コロンビア史 目次に戻る