保守的な憲法や政策に反発した自由党は、武装蜂起する
3年間の内戦となる

(ラテン・アメリカ史、コロンビアを知るための60章から抜粋)

保守党が行った一連の保守的な改革は、自由党の急進派には受け入れがたいものでした。

そして1899年10月に、自由党は武装蜂起をして、『千日戦争』が始まります。

1899年~1902年の千日戦争は、コロンビア史上で最も凄惨な争いであったとされています。

地上戦では保守党が勝利して、自由党はゲリラ化しました。

海戦では自由党が勝ち、保守党はパナマ運河の建設を画策していたアメリカに介入を求めます。
これが、パナマの分離・独立に繋がります。

千日戦争は、1902年10月の「ネエルランディア協定」、同年11月21日の「チチコタ協定」「ウィスコンシン協定」によって終結しました。

千日戦争における死者は10万人とされ、結果として『アメリカの影響下でのパナマの分離・独立』を招きました。

パナマは03年に独立し、コロンビアはパナマという海上交易の要所を失ったのです。

(2013.11.26.作成)


コロンビア史 目次に戻る