1946年に政権をとった保守党は、
自由党を弾圧しリーダーのガイタンを暗殺する
それにより内戦となる

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

1946年の大統領選挙には、自由党のカリスマ指導者エリエセル・ガイタンが登場します。

ガイタンは、社会主義思想を研究し、寡頭政治(少数の者が政治権力を独占する形態)を批判して、農民や労働者の権利保護に力を入れていました。

1928年に起きた、ユナイテッド・フルーツ社のバナナ農園での軍による労働者の虐殺事件では、ガイタンは政府責任を追及して、30年の選挙における保守党の敗北に重要な役割を果たしていました。

自由党はガブリエル・トゥルバイを公認候補にしたため、ガイタンは独立候補として挑みます。

自由党の票が分裂した結果、保守党のオスピナ・ペレスが当選しました。

ペレス政権は、警察を使って自由党を弾圧し、自由党員はゲリラとなって対抗しました。

この抗争で、47年までに死者は1.4万人となった。

ガイタンは、47年に自由党の党首となり、非暴力による解決を目指します。
民衆の熱狂的な支持を背景に、次期大統領は確実と見られていました。

ところが、48年4月9日に、彼は暗殺されてしまいます。

「ガイタン暗殺」を知った民衆は、怒りを爆発させて暴動を起こしました。
首都ボゴタでの暴動は2日間続き、1500人~3000人が死亡した。

この暴動は地方へも飛び火して、保守党と自由党による、本格的な内戦が始まりました。

ガイタンは、1000ペソ紙幣の肖像画として、今も民衆と共に生きています。

(2013.11.26.作成)


コロンビア史 目次に戻る