ロハスは支持を得られずに、1957年に退陣する

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

ロハス大統領のポピュリズム路線は、2大政党制を破壊しかねないため、
2大政党は1956年から手を結びます。

そして、彼らは『国民戦線(国民協定)』を作り上げていきます。

ロハスが創った「全国労働者の連合」を共産主義と見たカトリック教会は、ロハスと絶縁しました。

57年5月10日には、大学生や労働者のストライキが各地で発生しました。

四面楚歌のロハスは、軍事委員会を後任に指名して、大統領を辞任しました。

軍事委員会は、57年に国民投票を行い、58年に国民戦線へと政権は移りました。

ロハスは62年に、『全国人民の同盟(ANAPO)』を立ち上げます。

1970年の大統領選挙では、ロハスは立候補して僅差で敗れました。

その後、選挙に不正があったとするANAPO支持者の一部は、武装組織『M-19』を結成しました。

ANAPOは、2003年に他党と合併して、その後にPDAに吸収されました。

(2013.11.27.作成)


コロンビア史 目次に戻る