1998~2002年のパストラナ政権は、
プラン・コロンビアを打ち出す

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

1998~2002年のパストラナ政権は、『プラン・コロンビア』政策を打ち出して、
麻薬撲滅を目指します。

(これについては、プラン・コロンビア(麻薬産業を壊滅させるための国策)を見て下さい)

さらに、ゲリラとの和平を目指して、99年にはFARCとの合意で、広大な非武装地帯を設置しました。

しかしこれが裏目に出て、紛争は激化してしまった。

しばらく前に実現した憲法改正によって、政治改革が実現し、2大政党制から「多党制」へとゆるやかに変容しました。

2大政党の占有率は、94年には80%以上でしたが、2002年には両院で過半数を割ります。

(2013.12.8.作成)


コロンビア史 目次に戻る