近年のベネズエラおよびエクアドルとの関係

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアは、グラン・コロンビア時代に兄弟国だったベネズエラとは、
緊密でありながら時にケンカをします。

コロンビアは伝統的に親米なので、左派のベネズエラ・チャベス政権とは正反対です。

ウリベ大統領とチャベス大統領は、「そっくりな性格」という評価も多い。

両人共に、人の意見に耳をかさず、ポピュリストで、大統領に権力を集中させていました。

早朝から深夜まで仕事をするワーカホリックな部分も似ている。

チャベスはFARCを支援していたため、「FARCをテロ組織から外すよう」に
2007年12月にウリベに要求しました。

これにより両国の緊張が高まり、08年3月のコロンビア軍によるエクアドルのFARC野営地への攻撃につながった。

この攻撃時に、FARCのパソコンデータからベネズエラ政府との緊密な関係が見つかり、
その後にFARCが弱体化した事もあって、チャベスはFARCと距離を置くようになりました。

この攻撃の時、エクアドルは怒り、コロンビアとの関係は悪化します。

両国の関係は、10年11月にようやく正常化しました。

コロンビアにとってべネズエラは、輸出ではアメリカに次ぐ2位、輸出では4位です。

ベネズエラにとってコロンビアは、輸出入ともにアメリカに次ぐ2位です。

このように、コロンビア・ベネズエラ・エクアドルの3国は、経済で結びついています。

(2013.12.8.作成)


コロンビア史 目次に戻る