ボリバルとサン・マルティンの会談
サン・マルティンは謎の引退をする

(『ラテン・アメリカ史』中屋健一著から抜粋)

1822年7月26~27日に、南米の2大解放者である、シモン・ボリバルとサン・マルティンが、エクアドルのグアヤキルで会談します。

27日の会談の後、サン・マルティンはあわただしくその夜に出帆してしまいます。

そして彼は、故国アルゼンチンのメンドーサに戻ります。

サン・マルティンが、なぜ自分が解放したペルーをボリバルに任せて去ったのかは、
今でも謎となっています。

サン・マルティンは、妻が亡くなっていたので、娘を連れてベルギーに移住します。
そして1850年に、ブローニュで淋しく他界しました。

(2013.10.23.作成)


コロンビア史 目次に戻る