グラン・コロンビアの崩壊とボリバルの死

(ラテン・アメリカ史、コロンビアを知るための60章から抜粋)

グラン・コロンビアは、ヨーロッパのどの国も融資をしようとしなかったので、すぐに崩壊し始めました。

シモン・ボリバルは1825年末に、リマに戻ります。 27年末には、ボゴタに戻りました。

ボリバルは、より中央集権的な憲法を採用しようとして、連邦主義者のサンタンデールと対立します。

そこでボリバルは1828年に、副大統領のサンタンデールを解任して、独裁体制をとりました。

その後、28年9月にボリバルは暗殺未遂事件に遭います。

この事件によって、サンタンデール派への締めつけは強まり、サンタンデールは国外追放となりました。

ボリビアでは、25年にスクレを大統領にして、終身制の大統領を持つ中央集権国家になります。

しかし、隣国ペルーはボリビアの独立には反対で、ペルー軍はボリビアに侵攻してスクレに退陣を迫りました。

スクレはやむを得ず辞職して、28年にはボリバルの部将だったサンタ・クルスが大統領になります。

29年にはペルーがエクアドルに侵攻するなどし、グラン・コロンビアは混乱します。

ボリバルは、30年1月に大統領を辞任しました。

同年にベネズエラとエクアドルはグラン・コロンビアから離脱し、グラン・コロンビアは崩壊しました。

ボリバルは、ヨーロッパに脱出しようとします。
そして旅の途中で、30年12月に病死しました。

彼は死の直前に、「中南米は、治める事が出来ない。革命に尽くした人は、ただ海を耕したにすぎない。」と述懐したといいます。

(2013.10.23.作成)


コロンビア史 目次に戻る