クウェートの地理

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

クウェートは、ペルシア湾の北西に位置し、イラクに食い込むように存在している国です。

北と西ではイラクと、南ではサウジアラビアと接している。

国土面積は17818平方kmで、岩手県とほぼ等しい大きさで、レバノンの2倍にあたります。

かつてはサウジとの間に5700平方kmの中立地帯が存在したが、1966年5月に両国で折半しました。

したがって、上記の面積は旧中立地帯を含むものです。

ペルシア湾に面する海岸線は、100kmにも及び、中でもクウェート湾は水深の大きい天然の良港です。

クウェートは、国土のほとんどは砂漠で、「砂漠の国」です。

西部の国境近くに丘陵があるものの、それを除けば平坦そのものです。

クウェートという地名の起源は、Kut(クート)から来たと言われています。

クウェートは、Kutの指小語だという。

指小語とは難しいが、例えば葉巻のシガーを小さく縮めたものがシガレットだが、これと同じような用法だという。

Kutは「要塞」を意味し、クウェートは「小さい要塞」となります。

イスラム百科事典によると、16世紀後半にこの地にポルトガルの小さな要塞があった事に
起因しているという。

私は、1968年12月にクウェートに行った。

飛行機がクウェート空港に近づくと、夜空を真っ赤に染める炎が浮かび上がってきた。

油田から分離された排ガスを燃焼している炎です。

今日では、この分離ガスは利用されるようになり、こうした光景はあまり見られなくなりました。

しかし当時は、夜空を天空まで焦がすかと思われるほどだった。

クウェートに着き車に乗ると、緑のかけらもない赤茶褐色の砂漠が続き、吹き寄せられた砂が随所で道路を半ば埋めていた。

車道の左右にはテントが点在し、羊やラクダの群れが見えた。

クウェートの真夏は、日陰でも41〜43℃になり、炎天下では50℃を超える事もあります。

冬はけっこう寒く、1月は最も寒くて日陰では15〜18℃止まりで、内陸部ではマイナスになる事もある。

冬は想像以上に快適です。

雨は、主として10〜3月に降り、年間130〜180ミリです。

(2014年8月19日に作成)


クウェート史 目次に戻る