19世紀に入ると、オスマン・トルコの宗主権を認める

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

クウェートは、ジャービル1世(在位1814〜59)の時に、オスマン・トルコの宗主権を認めました。

1871年になると、当時の首長であるアブドッラー2世(在位1866〜92)は、
トルコのバスラ総督の支配下に入り、「カーイム・マカーム」の称号をうけて貢租を納めることを認めます。

カーイム・マカームは副知事のような地位で、この就任が1961年のクウェート独立時に
イラクから因縁をつけられる種となります。

(2014年8月19日に作成)


クウェート史 目次に戻る