クウェートが独立すると、イラクは併合を主張する
その事情と背景

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

1961年6月に、クウェートはイギリスの保護領から脱して、独立します。

独立宣言の6日後に、イラクのカセム首相は記者会見で「クウェートはイラク領の一部である」と主張します。

翌日にはイラク外務省が、次の声明を出しました。

「イギリスを含む外国諸勢力は、クウェートに対するオスマン帝国の主権を認めてきた。

 オスマン帝国は、クウェート首長に『カーイム・マカーム(副知事)』の称号を与えて、
 クウェートにおけるバスラ州総督の代理人に任命してきた。

 歴代クウェート首長は、1914年までバスラ当局から行政権限を与えられてきた。」

カセム首相はこの歴史をふまえて、「イラクは、クウェートの現首長をバスラ州行政下のカーイム・マカームに任命する」とまで言った。

クウェート首長たちがカーイム・マカームの称号を受けて、オスマン・トルコの宗主権を認めてきたのは事実です。

また、クウェートとイラクは深い関わりを持ち、クウェートはイラク南部の穀物・果物・野菜・水に依存してきました。

イラク南部にはナツメヤシの広大な農園がいくつもあり、かつてはこの農園をクウェートの
部族長たちが所有して、クウェートへ農産物を供給していた。

1932年にイラクは独立します。

この時のクウェートとの国境は、1913年にイギリス・トルコ条約で規定されたもの、
すなわち「ペルシア湾のワルバ島とブビアン島はクウェート領とするもの」でした。

しかしイラク政府は、クウェート分離を正式に承認せず、国境の確定をしなかった。

その後イラク政府は、クウェートに干渉しようとします。

推進者は王位を継いだガジ王(在位1939〜58)で、クウェートの民族主義運動を支援した。

ガジ王の時代に最も影響力を持った、親イギリスの政治家ヌーリイ・サイードは、クウェートへの野心を煽った。

クウェートで1938年に石油が見つかり、46年に商業生産を始めると、イラクの野心はさらに高まります。

ヌーリイ・サイードはイギリスと組み、「イラクとヨルダンでハーシム王国連合を創り、
この連合にクウェートを参加させよう」と試みました。

(当時のイラクとヨルダンは、ハーシム家が王家として君臨していました。

 ヨルダンは、今でもハーシム家が王家となっています。)

しかし、1958年7月にイラクでクーデターが起き、ハーシム王制が倒れて、このプランは潰えました。

1951年にクウェートは、改めてイラクに国境画定の協定締結を求めました。

この時イラクは、「ワルバ島がイラクに提供されるならば、協力する」と回答した。

そのため交渉は決裂した。

元来イラクは、ペルシア湾に面する海岸線は50kmで、良港がありません。

そのため、バスラを使ってきました。

バスラは歴史をもつ良港だが、シャットル・アラブ川を90km以上も遡行しないと到達できない。

しかもシャットル・アラブ川は、領有権をめぐってイランとの紛争が続いてきた。

そこでイラクは、ペルシア湾に新たにウンム・カスル港を、第二次大戦中に開発しました。

ところが、この港の目前にあるクウェート領のワルバ島が障害になり、狭い水路しか許されない。

この事情があるため、イラク政府は1954年に、クウェートの一部の海岸の支配権を主張しました。

クウェートが拒否すると、クウェートを保護国にしているイギリスが仲介に乗り出し、
イラクへのワルバ島の租借を提案した。

しかしクウェートは、56年にこれも拒否しました。

こうして見てくると、イラクの主要な関心は「ワルバ島とブビアン島(航路の確保)」なのは間違いないです。

そしてこの問題は、1990年のイラクのクウェート侵攻の理由の1つなのも間違いないでしょう。

(2014年8月19〜20日に作成)


クウェート史 目次に戻る