1896年にムバーラクがクーデターで首長になり、親イギリス政策を採る

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

アブドッラー2世は1892年に、首長の座を弟のムハンマドに譲ります。

すると4年後の96年に、次弟のムバーラクが、イギリスの支援を得てクーデターを起こしました。

ムバーラクは、親トルコ政策を続けるムハンマドを襲って殺しました。

これ以後クウェートは、イギリスへの接近が一挙に深まります。

1899年にムバーラクは、「イギリスの許可なく領土の割譲や租借をしない」との条約を、イギリスと結びます。

これによりクウェートは、イギリス貿易の拠点となり、繁栄の基礎が固められた。

ムバーラクが「クウェート中興の祖」といわれる所以です。

第7代首長ムバーラクには、ジャービルとサーレムの2人の息子がいました。

サバーハ家は、ジャービルとサーレムを始祖とする「ジャービル分家」と「サーレム分家」に分かれます。

そしてムバーラク以降は、両家が交互に首長に就くことになった。

○村本のコメント

普通だと、外国と不平等条約を結ぶと国力が落ちてしまい、条約を結んだ者は「売国奴」と
評されるものです。

しかし、ムバーラクは違うようです。

クウェートは砂漠の国で産業がほとんどないため、イギリスは富を絞り取るよりも貿易の
中継地点として優遇したのかもしれません。

つまり、ムバーラクが有能だったのではなく、クウェートの地理条件が植民地にするのに
向いていなかったのではないでしょうか。

(2014年8月19日に作成)


クウェート史 目次に戻る