イラクのクウェート侵攻(1990年8月)の直前に、
クウェートは大混乱していた

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

イラン・イラク戦争が始まると、クウェートでは1986年に国会は停止されます。

戦争が終結すると、89年11月に国民は、国会再開の要求を突きつけました。

彼らは併せて、政府による事前検閲についても強く批判した。

国会議員らは、全有権者の40%にあたる、2.5万人の署名を集めて提出しました。

しかしジャービル首長はこれを拒否したため、各地で集会やデモが行われます。

1990年に入ると、ジャービル首長は弾圧に乗り出します。

さらに4月22日には、首長は勅令を発して、「国会に代えて、立法権のない諮問評議会を設置する」と公表しました。

この公表により、国民の反発はさらに激化した。

政府の弾圧も熾烈になり、4月26日には最有力者のサアドゥン国会議長宅を包囲し、
5月に入ると議員達も逮捕されました。

6月10日には諮問評議会の選挙が行われたが、投票率は50%以下で、多くの人がボイコットしました。

(そして8月2日にイラクが攻めてくる)

○村本のコメント

このような混乱があったからこそ、イラクは好機とみて攻め込んだのでしょう。

歴史を見ると、攻める方が悪いのは当然ですが、攻められる方が自滅しているパターンは
とても多いです。

(2014年8月20日に作成)


クウェート史 目次に戻る