クウェートがイラクにあっさり負けたのは、
歪んだ社会だったのも大きい

(フセインの挑戦 小山茂樹著から抜粋)

クウェートの人口は、1990年時点で200万人に達していたと言われています。

1985年の調査では、全人口は170万人、そのうちクウェート人は68万人、
非クウェート人は102万人です。

クウェート国籍を持つ者は、人口の40%にしか過ぎません。

非クウェート人のうち、アラブ人は64.3万人、アジア人は35.6万人、その他は1.7万人です。

クウェート人と非クウェート・アラブ人の人口がほぼ同じなのに、驚かされます。

さらに驚くのは、68万人のクウェート人のうち、有権者がわずか6.2万人なことです。

クウェートでは、有権者は『1920年以前にクウェートに住んでいた者、およびその直系の子孫。そして成人男性のみ。』と、非常に限定されています。

この限られた人々が、いわゆる「第1級クウェート人」です。

第1級クウェート人とそれ以外のクウェート人は明確に差別されていて、しかもこの格差は永久的です。

全人口のわずか数%の人が、クウェートを牛耳っているのです。

首長の世襲を続けているサバーハ家に属する人は、1990年時点で2800人です。

家族を含めると1.4万人に上ると言われており、政府の要職を占めている。

何十年もクウェートに住みついて発展に貢献してきた数十万人のパレスチナ人(パレスチナ難民とその子孫)は、全く政治に発言力を与えられていません。

これで国の安定が保たれるほうが不思議です。

1985年の総労働者数のうち、非クウェート人は54.4万人で81%を占めています。

つまりクウェート人は、労働者の19%しか貢献していない。

しかもクウェート人の70%以上は、政府部門で働いています。

クウェート国籍を持つ者は無制限で政府は雇用する仕組みになっていて、「無教養なクウェート人のほとんどが政府の役人になる」というのが実態です。

細かく見ていくと、クウェート人のうちわずか2.7%しか生産部門には従事していません。

クウェートの1人あたりのGNPは、1990年には13700ドルで、世界でも屈指です。

これは全人口で割ったものなので、第1級クウェート人なら数百倍になるでしょう。

イラクがクウェートに侵攻した時、クウェートはあっさり崩壊したが、その背景にはこのような歪んだ社会があったのです。

(2014年8月20〜21日に作成)


クウェート史 目次に戻る