レバノンの宗教と、18世紀までの歴史

(イスラム・パワー 松村清二郎著から抜粋)

レバノンには、18の宗教が存在する。

マロン派キリスト教、スンニ派、シーア派、ギリシャ正教などである。

一番古いのはギリシャ正教で、現在でも沿岸都市にいる。

その後、マロン派キリスト教徒が、7~8世紀に北部山岳地帯に定着した。

同派は、1736年に「ローマ法王の宗主権を認める」協約を結んだ。

スンニ派は、港湾都市の商人階層である。

オスマン帝国時代などを通じて、「体制派」として存続してきた。

シーア派は、南北の山岳地帯などに散在し、最低水準の生活を強いられてきた。

十字軍の遠征時代以前は、この地域で最大の宗派だったようだが、13世紀のエジプト・マムルーク朝の侵攻以後は、弱者の地位にある。

ドルーズ教(イスラム教ドルーズ派)の人々は、シェーフ山岳地域にこもって、独自性を保ってきた。

宗教・宗派の対立は、レバノンでは昔からあると誤解される恐れがあるが、山岳部が多いため国を統一するのは困難であり、『各種のコミュニティが共生・共存する複合社会』だった。

18世紀初めまで、レバノンでは武力抗争が繰り返されたが、それは宗派対立ではなく
「部族対立」が原因であった。

『複合社会』だったのは、オスマン・トルコ帝国の間接統治の所産でもあった。

(2013年4月9日に作成)


レバノン史 目次に戻る