20世紀に入ると、フランスの支配下に入れられる
第二次大戦中に独立する

(イスラム・パワー 松村清二郎著から抜粋)

1916年のサイクス・ピコ協定、20年のサン・レモ協定において、英仏2国間の秘密協定が成立した。

これによって、レバノンはフランスの統治下に入った。

形式的には、国連からの委任統治という事になっていた。

フランスは、それまでシリア領だったベイルートなどをシリアから切り離して、人為的に「大レバノン」を誕生させた。

この領土拡大は、主としてマロン派コミュニティのためになされた。

マロン派としては、「領土拡大は、シリアからの独立性を保全する助けになる」と考えていた。

しかし、新たにレバノン領にされた土地にいたイスラム教徒たちは、レバノンへの統合には反対だった。

1926年5月に、『レバノン共和国』は正式に生まれた。
支配権は、フランスの掌中にあった。

第二次大戦が始まると、フランスはドイツに敗れて属国となった。

ドイツへの従属を認めないドゴール将軍たちは、イギリスと結びついた。

イギリスの圧力により、レバノンでは43年に選挙が実施された。
選挙ではレバノンの独立を主張する者たちが、大勝利した。

フランスは、新しい政府を創った者たちを一斉に逮捕したが、イギリスの圧力で釈放となり、
ついにレバノンは完全な独立国となった。

レバノンは、45年に国連に加盟した。

(2013年4月11日に作成)


レバノン史 目次に戻る