1958年に内乱が起きるが、すぐに終息する

(シリアとレバノン 小山茂樹著から抜粋)

1958年に、レバノンで内乱が起きた。

当時のレバノンはナセル主義の高揚があり、隣国シリアは2月にエジプトと合併したし、7月にはイラクで王制が打倒されていた。

ナセル主義(エジプトのナセル大統領が行う、欧米の支配下から抜けようとする運動)が盛り上がる中で、レバノンのシャムーン大統領(キリスト教マロン派)は、大統領が再選できるように憲法改定をしようとした。

イスラム教徒は反発し、キリスト教徒と各地で衝突した。

シャムーンは、アメリカに軍事支援を依頼し、アメリカ兵1万人がレバノンに上陸した。

結局、シャムーンが辞任して、ファウド・シェハービ将軍が大統領になり、事態は収束した。

この内乱は、1975年からの内戦を予告するものだったが、極めて短期間で終息したため人々の記憶に留まらなかった。

(2016年11月10日に作成)


レバノン史 目次に戻る