サウード家のファイサルによる復権・その後の亡命

(イスラム・パワー 松村清二郎著から抜粋)

サウード家は、処刑されたアブダッラーの孫であるファイサルの時代に、復権をした。

そして「ワッハーブ運動」による征服事業に着手し、中部・東部のアラビア半島を支配下に収めた。

(ワッハーブ運動とは、ワッハーブが説いた思想である『イスラム教・ワッハーブ派』を
 広めようとする運動の事です)

これを見たイギリスは、使者を派遣して、「ペルシャ湾周辺のイギリス支配地域には、入ってくるな」と警告を発した。

ファイサルの死後、サウード家は再び没落した。

オスマン・トルコ帝国は、サウード家のライバルであったラシード家の当主ムハンマド・ラシードに、サウード家を倒すように仕向けた。

オスマン帝国とラシード家に挟み撃ちされたサウード家は、1891年にクウェートに亡命をした。

(2013年3月27日に作成)


サウジアラビア史 目次に戻る