石油の発見と、カリフォルニア・アラビアン・スタンダード社の進出

(イスラム・パワー 松村清二郎著から抜粋)

1931年に、サウジアラビアの隣国であるバハレーンに、石油がある事が判った。

そして、「バハレーンに石油があるなら、サウジにも石油はあり得ます」とイブン・サウード国王に報告された。

英国のアングロ・ペルシャ石油は、すでにイランとイラクに豊富な石油資源を抱えており、
サウジの石油には興味は無かった。

イブン・サウードも、サウジから石油が出ることには懐疑的だった。

アメリカのカリフォルニア・スタンダード社が興味を示し、5万ポンドでイブン・サウードにオファーをした。

そして33年12月に、「カリフォルニア・アラビアン・スタンダード社」がサウジに設立された。

(2013年3月28日に作成)


サウジアラビア史 目次に戻る