シリア史
独立後 ~ 現在

    第一次中東戦争後に、クーデターが起きて軍が政権を握る

    ハフェズ・アル・アサドは、バース党に加入し軍人になる

    バース党とは

    バース党が権力を握り、エジプトとアラブ連合共和国を創る

    軍事委員会が主導するクーデターが起き、バース党の一党独裁体制となる

    権力闘争が起きて、バース党の創設者はシリアを追われる

第3次中東戦争で敗れると路線対立が生まれ、クーデターを起こしてアサドが大統領になる

    政権をとったアサドは協調的な政策をとる

    シリアとエジプトは、イスラエルを攻撃する 第4次中東戦争

    アサドは親戚とアラウィ派を、軍と情報機関の要職につける

    ムスリム同胞団の本拠地ハマを徹底的に破壊する


シリア史 トップページへ戻る